How do you like WE?

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

No title

壁画・・・すごすぎるぜ!。
あんたの体験もすごいんだがw!

2010.10.20 | URL | noku #L1ch7n1I [ edit ]


No title

>>のくさん
壁画もいろいろあって面白かったですよ。
ただ、勉強してないからあまり意味はわからないのw

生きて帰れたからネタになりました!

2010.10.20 | URL | Rili #nM.XXMGs [ edit ]


コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10
15

2日目 疲労困憊 ~ルクソール~

「入り口の男に金をやれ」


モーガンにそう言われ、慌てて聞き返す。

「what??」

「入り口の男に金をやれ」

これはやばいと察知した自分。
何せ監禁されているのである。
相手の3人は50代くらいであろうが何をされるかわからない。
殺される!?

ポケットに4ドル入っていたのを思い出す。
それを渡しつつさりげなくドアを開けて部屋から抜け出す。

モーガンに追われる。

俺にもバクシーシ(※簡単に言えば金くれという意味)

恐ろしかった。
モーガン似というだけで迫力あるのに。

こちらとしてもガイドをしっかりしてもらってしまったということもあり
3ドルだけ渡しそこを去ろうとするともっとよこせと。
うっさいわボケ!とそこを立ち去った。
閉じ込められていない分安心感はあった。

エジプトに来て初の体験がこれである。
勘弁してもらいたいものだ。
あのポリスもグルなのであろう。
親切な人を信用してはいけない。改めて思い知った。


その後は一度そこを離れフラフラと歩いていた。
現地の人が利用する市場に迷い込む。
観光客はおらず浮いた日本人が一人。
道ばたに座り込む沢山のじいさん。
店先に吊るされている牛一頭の塊。
香辛料の不思議な香り。
飛び交う蝿。

ドキドキしながらも非常に面白い光景だった。
この旅でこんな状況がずっと続いた。
なぜか自分が歩く道には観光客がいないのである。
が、このへんの写真がない・・・。
立ち止まって写真を撮るのは恐ろしすぎた。
こいつは何者だという視線が常につきまとっていたのだ。


一通り歩き終わった後、
ようやく目的のルクソール神殿へ。
像、壁画、バクシーシな係員。
とても興味深い。
ようやく観光客な感じのことができた。
eji04.jpg

eji05.jpg

eji06.jpg

暑さにやられ水を飲む。
水がすでにお湯となっていることに気付き、
この暑さが異常なことに改めて気付く。
乾いているので悪くはない暑さではあった。

これはやばいと現地のレストランへ。
その店からはルクソール神殿が一望できた。
が、客は自分一人。
またドキドキする経験となってしまったが、
特に大きな事件はなかった。
しいて言えばここで飲んだマンゴージュースが
あり得ないほど美味しかった。また飲みにいきたい。

eji07.jpg

朝の9時頃から活動していた為ホテルへは2時頃到着。
2日間ろくに寝ていなかったため、ベッドに入ると
朝まで寝てしまった。
しかしここで体力復活できたのは大きかった。




3日目 ファラオの呪い? ~ルクソール→アスワン~

TO BE CONTINUED...

コメント

No title

壁画・・・すごすぎるぜ!。
あんたの体験もすごいんだがw!

2010.10.20 | URL | noku #L1ch7n1I [ edit ]


No title

>>のくさん
壁画もいろいろあって面白かったですよ。
ただ、勉強してないからあまり意味はわからないのw

生きて帰れたからネタになりました!

2010.10.20 | URL | Rili #nM.XXMGs [ edit ]


コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。