How do you like WE?

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02
04

エジプト~旅の終わりそして今~

すっかり更新をしていませんでした。
最終日と、今のエジプトについて少しだけ。


エジプト最終日。

毎日外に出るのも命がけ。
末恐ろしかったエジプトも最終日。
帰りの飛行機まで使える時間は4時間。
もうホテルでこもっておしまいにしようとおもったのですが、
なんかどうしてもエジプトともっと遊んでおきたくなったのでカイロ考古学博物館へ。
エジプトの物がとにかくいろいろ詰め込んである倉庫のような博物館。

そこへ行くにもまずはタクシーを捕まえるところから。
3時間チャーターで30$。
そう言われたんだけどやっぱり思い切って値下げ。
10$。そうしないともういらないよ。
そういうと25$に下げてくれる。
そこからはいつものとおり交渉合戦。
3時間20$で決着がついた。

日本人で下げるのはお前くらいだぜ。
そう言われる。
それはなぜか。
日本人は高齢者の夫婦の旅人が多いのである。
彼らはお金を持っている。
エジプト人と交渉をせず言い値で乗ってしまうのだろう。
そのせいで他の観光客が苦しむことになるのである。
言い方は悪いが日光などの猿に餌を与えないで下さいと一緒。
何も考えず与える者がいるから環境がおかしなことになる。

まぁよし。
そのタクシードライバーはエロ話が大好きなおっちゃん。
俺は奥さんがいるんだが、もう一人若い子が欲しいんだよ。わっはっは!
ラクダの肉を食うと40過ぎても夜は元気なんだぜ。わっはっは!
そんなトークばっかりw

驚いたのが博物館そばの駐車場に着いたとき。
俺はここで待ってるから1時間後にまた来いよ。
そう言って見送ってくれるオッサン。
お金は払ってません。でも戻ってくることを信頼してくれているのです。
金金金なエジプトでちょっと不思議な気持ちになりました。

博物館ではツタンカーメンのマスクがメインイベント。
300兆円とも言われる仮面。
すっげぇ光ってたわw
eji47.jpg


1時間後オッサンのところに戻ると、プカプカとタバコを吸いながら待っててくれました。
やらしいオッサンに感謝。

最後にもう一杯コシャリを食べて、マンゴージュースを飲んでエジプト終了。

初日に襲われたり、うざったいオッサンばっかりだったり。。。
それでも最後には恋しくなってしまう。
次来たらまたあの店のオッチャンに会いたいな。
子供達の笑顔をもっと見たいな。
今度はもっと現地人と絡みたいな。
また来たいな。。。
Zzz。。。

気がついたら13時間のフライトが終わって日本に帰ってきてました。
成田空港には多くの日本の人たち。
よそよそしい。生真面目。なにか物足りない。。。

前世はエジプト人なのかもしれないな。
そんなことを呟きながら帰路についた。
eji48.jpg




~あとがき~
今エジプトの情勢は大変なことになっている。
ピラミッドを紹介してくれた現地の青年(23歳だったかな)とした話をここでひとつ。
青年の名前をモハメドとしておこう。

り「この街中にいっぱい飾ってある人は誰なの?」
モ「ムバラク大統領だよ」
り「ほー、そうなんだ。こんだけ飾ってあるって凄い人気だね」
~モハメドの顔が少し苦い顔に~
り「あれ、どうしたの。嫌いなの?」
モ「あいつが大統領になってから30年間。エジプトは何も進化していないんだよ」
り「ほほう・・・」
モ「来年選挙があるんだ。そこで交代させるんだ」
り「そうなのか」

現地でこんな話をしてきた。
その時は特に何も感じず。
ただし帰ってきてからエジプトのことを思い出すと、
彼らはピラミッドが無くなったらどうやって生きて行くのだろう。
朝からダベっているおっさんばかり。
これじゃ国は発展しないなと感じていた。

そして先日デモが始まった。
自分が歩いてきた広場に今は戦車が走っている。

ふと青年のことを思い出した。
彼は今反政府側で戦っているのだろう。
自分の国の未来の為に、自分の未来の為に。
今の状況を抜け出すために。

ただの暴徒と化している人たちが多い中で、
自分で自分の道を切り開くべく戦っている青年を遠き地から応援しています。
死ぬなよ。
生きて新しいエジプトを見守っていくんだぞ。


わけわからんニュースではなく、現地で何が起きているのか見てきたい。。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。